本当の心の豊かさについて、深い話をします。
ちょっとレベル高めで話します。

心が形になります。
すなわち心の中のものが物質世界に投影されて体験します。
そこで、ぼくは、裕福さが溢れた心の状態とはどんな状態だろうと思いました。

ぼくは一般的な家庭に生まれ、若い頃は演劇人として貧しく過ごしていたので、
豊かだということがよくわかりません。物質的に満たされている感覚がわからないのです。

ですから、心の中を豊かさで埋めようとしても、よくわからないのです。
それを知るためには、努力して金を稼ぎ、それなりの豊かさを手に入れなければいけないのでしょうか?
それとも、イメージでそれができるでしょうか?

 

まったく正反対のアプローチに見えるのが、エイブラハムとキリスト(奇跡のコース)です。
エイブラハムの場合は、少しでもいい気分になる心の状態に持っていくように薦めます。
バシャールもそうですね。最もワクワクする心の状態への移行を薦めます。
キリストの場合は、すべてをゆるすことを薦めます。

なぜ「正反対か」という話をしていきます。
願望が過去の体験から生じるのは、すべてにおいて共通の真実です。
そして、過去に囚われないということは、エイブラハムもバシャールもキリストも同じです。

 

エイブラハムの場合、願望が生じる現実世界での体験を、Step1といったり、願望のロケットといい、
素晴らしいことだといっています。人生の創造のためには、そうした体験は大切です。
あとは、Step3の「Receiving Mode(受け取りモード)」になることだと教えます。

キリストの場合、そうした現実世界での体験を、希望がなく、苦脳さと無毛さで、地獄を繰り返し
経験しているといいます。それはエゴが誘い込む罠であり、そこから願望実現を図ることは
エゴの復讐だともいっています。
(ざっくりまとめると表現が悪いですけど。詳しくは「奇跡のコース」をじっくり読んでください)

キリストは、わたしたちが経験する際限のない苦しみを絶つために、過去の無意味さを教えます。
そして現実世界で解決を図るのではなく、精霊に委ねることを薦めます。
(この辺は、エイブラハムと同じだと、理解力ある人は気づくでしょう)

キリストの手法は、ぼくがずっと「打ち消しの心」と呼んでいるものがそれです。
願望ごと抹消させれば、過去は消え、そこに神の贈り物が流れ込んできます。
究極的な解決法であり、万人に適したものではありません。

 

エイブラハムは99%の人が受け入れやすい、やりやすいやり方を教えます。
99.999%の人たちは、また輪廻転生で、喜んで地上に出てくるでしょう。
キリストの場合は、0.001%の、もう輪廻転生を終えるぐらいの人が
成し遂げる究極的な解決法をいっているような感じがします。
それでもほぼ全ての人が完全には達成できないでしょうが、人生を変える上ではかなり有効です。

心の豊かさに話を戻すと、
エイブラハムは、物質世界の中で神のエッセンスに近い喜びや美しさに触れて、
感情の周波数を上げることで、豊かさで満たすやり方です。
キリストの場合は、物質世界のエゴ視点で生み出したものを、全部手放して(ゆるして)、
心にスペースを空けることで、豊かさを流れ込ませるやり方です。

金持ちの暮らしぶりをイメージするとかも、一応心の豊かさ形成に繋がるんですが、
結構表面的だし、あんまり効果がないやり方だなと思います。
イメージするくらいなら、金持ちの人と付き合うとか、体験できるほうが効果はあるでしょうね。

エイブラハムもキリストも、矛盾はないんですけど、一方は願望を肯定し、一方は否定しています
視点がまったく違うものの、実は同じ原理について述べているのです。
これが面白いけれど、両方を学んでいる人は混乱することでしょう。

ぼく個人としては、ドッキング型を適用しています。
ぼくが教える「受け入れの心」と「創造の心」は、ガッツリとエイブラハムの影響を受けていて、
「打ち消しの心」は奇跡のコースの影響を受けています。
両方を合わせているのです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here