Shinjiについて
引き寄せの法則マスター

人生の疑問を解決し、真実を極めたくて、スピリチュアルや自己啓発に惹かれる。2007年12月にエイブラハムの本と出会ってから引き寄せの法則の学びに没頭。すぐにカウンセラーやセミナーを通して教える活動を始める。

誕生日は釈迦と同じ4月8日。釈迦が35歳の12月8日に悟りに達した一方で、36歳の12月7日に疑問が全て晴れ、最初の悟り(一瞥)に辿り着く。その後2018年の43歳時の7回目の悟りによって、疑問・不安・恐れもなければ後戻りもない「完全なる実現」の手前まで辿り着く。

エイブラハム以外にも、「神との対話」やセス、「奇跡のコース」からの深遠なる学びを統合し、誤解と偏見が多い引き寄せの法則について、最もわかりやすく且つ最も深い智慧を伝えてきた。日本で初めての引き寄せの法則動画講座や、日本人最多の電子書籍をリリース。オリジナルの引き寄せノートも好評を博す。

劇作家、演出家、俳優、演技講師、研修講師、経営者として幅広く活躍中であり、世界の俳優メソッドをビジネス教育に生かす先駆者として、また子どもの演劇教育の開拓者としても活動している。

本業での著書

Shinjiの引き寄せの法則との出会い、学びの道程

釈迦と同じ誕生日に生まれ、真実を求める旅へ

ぼくの人生を一言でいうと、「真実を求める旅」でした。本名の慎司という字は、「真の心を司る」という意味になりますが、小さい頃から、嘘や偽りや表面的なものが大嫌いで、真実や本質や目に見えないものを求めてきました。
演劇は虚構ですが、虚構であるが故に、いかに真実を込められるかが大切になるのです。そして、自分の考えていることを外に発信できる、誰かに向けて表現できるということは、多感な自分にとって引き寄せるべくして引き寄せた手段でした。

苦悩の時代 この世界での孤独

何かを変えたい、新しいものを創造したい、という意欲は人一倍でした。しかし、どんなに学びを深めても、どんなに新しいものを提示しても、現実という大きな壁はそびえたっており、満足のいく成功はありませんでした。ただただ試練と学びが続く年月でした。
そうです、ぼく自身も苦悩の時代が長かったのです。誰にも認められない、理解されない。まるで、全ての人が自分を通り過ぎて、自分はぽつーんとそこにいるように。

「悪霊に取り憑かれているのでは?」「どうして運命は自分の人生をこうも踏みにじるのか?」
わからない謎だらけに途方に暮れました。「スピリチュアル」が流行りだしたときには熱心に勉強しました。

エイブラハム、そして引き寄せの法則との出会い

2007年12月、普段本屋で本など買わないのに、吸い寄せられるように手にした「エイブラハムの教え」で人生が一変しました。そこには、明瞭なる答えが書かれていました。スピリチュアルでは解明できない矛盾も、遂に解けたのです。

自分の人生は自分で創造していたのです。
なんという衝撃の事実でしょう。運命の荒波に為す術なかったぼくが、実は自分でそんな人生を引き寄せていたなんて! 確かに法則通りの、当てはまる過去が次々に思い浮かびました。

引き寄せの法則基礎講座が開講です

全ての疑問がなくなる悟りの時を迎える

人生を変えたい、成功したい、これまで成しえなかったことを今こそ実現させたい、という一心不乱の思いで、Abraham-hicks社から出ている日本未発売のDVDやワークショップスクリプトなどをも取り寄せ、学びと実践の日々を送りました。
真実を追究せんとする魂からほとばしるエネルギーで、エイブラハムを学びきると、何度もエイブラハムに立ち戻りながらも、「神との対話」シリーズや、セス、「奇跡のコース」シリーズを学びきりました。
エイブラハムに出会って割とすぐに、HPも作り、教えることや相談に乗ることを通してぼく自身も学びを深めていきました。

そして、多くの学びが自分の中で統合され溶け合っていき、遂に2011年12月7日、36歳のときに全ての疑問がなくなりました。四年の歳月を経て、釈迦と一日違いの日(釈迦は35歳の12月8日)に悟りに達しました。最後のテーマは「人生は完璧であること」の理解でした。

学びの時代から創造の時代、体現する時代へ

学びの時代から創造の時代に、ようやく移っていくことが出来ました。今のぼくは、本当にたくさんのことを手がけています。
自分自身が見本となって体現しながら、真実の智慧を日本中の皆さんにお届けしたいと思います。実は、早い段階から引き寄せの法則を教えることは使命だと思っていました。
劇作家としての書く能力も、演出家としての見抜く能力も、俳優指導者としての人を高める能力も、引き寄せの法則の活動に生かされています。全てが相互作用で生かされ合っています。
ようやく現実という重く大きな壁も、緞帳のように上がり、人生のステージにスポットライトが当たり始めました。ここにきて観客席も目に映るようになってきました。生かし合いを多くの人へと伸ばし、「受け入れの心」と「創造の心」を伝え、人々が本当の自分・理想の人生を手にすることができるよう、手助けをしていきたいと思います。

本を出版したりメディアに取り上げられたり

本を出版できたり、メディアに取り上げられたり、とてつもなく大きなプロジェクトが進行していたり、たくさんのことを引き寄せています。
ぼくの場合、スピリチュアル系のことを教えることで生計を立てているのではなく、あくまで自分の好きなことを仕事の中心に置いているところが珍しいといえるでしょう。
創造の時代に入ってからも、日々エゴを解きほぐし、智慧を磨き、自己に浸透させ、新しい願望実現ワークを発見したり、大いなる啓示を受けてきたりしました。日本で最も深いところまで引き寄せの法則を知り尽くしたマスターであると自負しています。
この智慧と能力は、他者に貢献するために使いたいと思っています。ぼくはその長く幸福な道を歩んでいきたいと思います。

2015年1月

それでも続く、成長と悟りの道程。遂に学びが終わるまで

社会貢献、人との関係性による夢の拡張

話には続きがあるのです。ぼくは実際には2013年頃から目立った活動はしなくなりました。細々とブログやメルマガ、YouTubeなどで発信はしていましたが、時代とのズレも感じていましたし、ぼく自身の探求も続いていました。だから本業の事業のほうを粛々とやっていました。長らくお付き合いのあった方々にはご無沙汰を続けていましたが、その間もぼくはずっと進化・成長の道を辿っていました。

劇作家、演出家、俳優、演技講師、研修講師、経営者、演劇教育家と、様々な顔を持ちます。自由で縛られない生活を送りながら、これだけのマルチな活動を続けてきたわけですが、実は人生に満足していませんでした。

もっと成し遂げたいものの規模が大きいので、本音をいえば思い通りに引き寄せられていないというもどかしさもありました。(成功とは結果ではなくプロセスではあるのですが)
そうしたなか、人と向き合い、人のために尽くすという、エゴを瓦解させ、愛を実践する生き方がだいぶ定着し、演劇人でありながら二冊目の本を出版できたり、新しい事業や協業事業をいくつもつくってきました。

 

真の幸せ、喜びはどこにあるのか

何度これが最後だと思える解答に辿り着いたでしょうか。「ようやく終わる」と思ったことは二度や三度ではありません。しばらく、なんの疑問もない上々の生活を送っていても、また疑問が浮上します。神の王国に足を踏み入れていたはずなのに、いつのまにか王国の外にいるのです。ぼくが良かったのは、一度や二度の悟りでゴリ押しして覚者ぶらなかったことです。

ラムサやバーソロミュー、ハトホルなどの素晴らしい書との出会いもありましたし、たくさんの啓示に触れ、ノートも増えていきました。あまりブログやメルマガでは書きませんが(難解でしょうから)、ノートには気づかされた様々な智慧が書き込まれています。

心からの喜び、永遠なる真の幸福に辿り着くためには、エゴをなんとかしなければいけませんでした。このエゴは、消失したかと思いきや現れたり、和解したかと思いきや巧妙に足を引っ張ったりするものなのです。

 

打ち消しの心が究極の手段

皆さん、本当には気づいていないのですが、エゴを瓦解させ、消失させたと悦に入って安心している上級者の人たちも依然としてエゴに支配されています。これを完全に見破ったときが7度目の悟りでした。その恩はまさにキリストの「愛のコース」によるところです。「奇跡のコース」を真摯に学び実践してきたことが、引き寄せの法則との出会いから10年半で結実しました。

究極的には「打ち消しの心」が、一切の解放になります。「打ち消しの心」は躊躇がありながら実践してきましたが、完全にエゴを消すという覚悟があるなら、真の目覚めへと連れて行ってくれるでしょう。このとき、あるがままに生きられるようになり、問題はなくなり、ソースと一体となります。

ぼくは、あえて「完全なる実現の手前」と表現させてもらいます。
ようやく、学びがもう必要とならない境地まで辿り着いたので、真の意味で引き寄せの法則マスターとして、世界に貢献していけると思います。

2018年10月

〔参考までに〕

劇団の代表としての活動、劇作家・演出家としての活動

SKY SOART ψ WINGS

世界最前線俳優訓練トレーナーとしての活動 演技スクールの校長

STONEψWINGSアクティングスクール

WINGS INTERNATIONAL ACTING SCHOOL

世界の俳優訓練研究 教師のための情報

TRAINER LABO

教育やビジネス研修としての俳優訓練の応用 研修講師としての活動

FEATHER IMPRO ACT PROJECT

社会人のための劇的プレゼン塾

こども向けの演劇教育の団体で代表理事として活動

一般社団法人日本グローバル演劇教育協会