引き寄せの法則ガイド

引き寄せの法則やスピリチュアルな叡智を語る

ランキングサイトよろしくお願いします。
引き寄せの法則ブログランキング

コロナ時代を生き抜くためには

本当に恐ろしいのは、コロナウィルスよりも人間の恐れです。 恐れのほうが感染力が強く、コロナが感染率0.02%程度なのに対して、恐れとしては地球上の90%以上が感染しているといえます。それによって経済は疲弊し、多くの人が死にます。 コロナウィルスはとても象徴的に、また現実的に、巨大な集合意識の引き寄せとして発現しています。 巨大な災厄です。世界を覆った災厄です。 その反対のエネルギーもまたとてもとても巨大だということに気づいてください。 破壊のエネルギーに対する創造・再生のエネルギーです。 これまでの地球にないくらいのポジティブな創造が行われています。もちろん助け合いもそうですし...

死神を恐れ、死神を増殖させている

アメリカにまだいます。 ロサンゼルスと日本の空気があまりに違うのですが、外から見ることで、いかに日本の空気が陰気かがわかります。 コロナウィルスに関してですが、非常に神経質で過敏な反応を皆さんしています。 まだほとんど感染者がいないのに、自粛・自粛としたり。 別にかかったらみんな死ぬというわけでもないのに、死神を恐れるように、マスクをしたり、外出を控えたり。 そのような不安と恐怖に基づく行動と、集団意識が、結局はコロナウィルスを拡散させるわけです。 皮肉にも、対策を取ろうとすればするほど、情報を共有すればするほど、それらは勢いを増すのです。 案の定、状況は悪化しています。 ...

手放すことはあなたが思うレベルを超えて手放さなければならない

打ち消しの心でいっていることは、よくいわれる「手放すこと」ではあるのですが、 手放すとは、一体何をどの程度どんな風に手放すというのでしょうか? 今回はそんな話をしましょう。 キリストが「奇跡のコース」「愛のコース」でさんざん言っていることなのですが、 どんなに言葉だけ聞いてもなんの変化も起こせないでしょう。 それらの言葉を本気で考えるなら、とんでもないレベルで手放すことが必要だとわかります。 そのことがわかっても、手放す覚悟まではないでしょう。 あなたの夢や良い人間になろうという努力、目標や計画、 その他あらゆる日常的に短期的にも長期的にも思っていることは手放す対象です...

豊かさ(特に収入面)に関する受け入れの心

一度は考えてみたことがあるでしょうが、あなたの豊かさを受け入れる波動はどのレベルでしょうか? 現実に起こっていないことをリアルに感じることは難しいでしょうが、 想像してみたり、振り返って考えてみることで、豊かさの波動のレベルがある程度わかります。 ①カツカツレベル 収入と支出が同じくらいで、貯金がないという人。 買い物するにも、値段を気にし、節約を心がけています。 このレベルにあると、お金を使う度に、制限を強く感じてしまい、なかなか脱することが出来ません。 臨時収入があっても、すぐに元の生活に戻ってしまいます。 ②そこそこ貯金&平均収入レベル 一般的な収入があり、そこそこ...

安らぎの状態へ 1億の言葉と1回の体験

完全なるソース(神)への信頼が達成されれば、もう無敵状態です。 それはとても安らかな境地です。 恐れや疑問があるうちは、完全なる信頼とはいえません。 未来についての心配もなく、現在もあるがままで、過去のしがらみは一切ありません。 この状態に辿り着くことがゴールであり、全ての悟りの道はここへと延びています。 とても簡単に一言で言えます。完全なる信頼状態になればよし。 ただ、そこに辿り着くためには、億もの言葉を浴びて、 少しずつ信頼を築いていかなくてはなりません。 そして、体験すれば、その信頼は定着します。 1回の体験のために、1億ワードも必要かもしれません。 千回...

引き寄せの法則と目に見える変化

物理的な変化は、目で見てわかりやすいのですが、 内的な変化は自分でもあまりわからないものですよね。 だから、外的な物理的変化を、引き寄せの指針にするものですが、 わたしたちが見ている世界は幻想だと認識し、そこに神性を見つけようとするならば、 外的なものばかり注視するのはあなたを惑わせることになります。 だから、あまり外的な変化ばかりに囚われないようにしてください。 変化を期待する気持ちはわかりますが、外的な変化が起こることばかり期待していては、 なかなか実際に変化は起きません。 内面と外面は繋がっており、世界は心の投影ですから、 外的な世界を見ていても、あなたの内面に...

神の在り方と人間の生き方をドッキングさせる

ぼくの「引き寄せの法則の『その先』へ」は11年の学びの集大成であり、 できる限りわかりやすく書いているとはいえ、ほとんどの人にとっては難しいようです。 まぁまぁスピリチュアルも読んできたという知り合いでも読了するのに四日間かかったといっていました。知り合いでも読了した人をあまり聞かないので、特に一般の人にとっては全然合っていないでしょうね。 「奇跡のコース」やクリシュナムルティと結局、同じことを語らざるをえませんが、それらよりとてもわかりやすく書いているので、それらを読む学習意欲があれば、「引き寄せの法則のその先へ」は読んでいけるでしょう。そうしたスピリチュアル玄人の方々や引き寄せの...

インターネットはソースエナジー?

SNSによって、様々な情報を見聞きすることができますが、一言でいうと日本のやばさを露呈させるものばかりです。実際そうでしょう。元から、隠されていた不正や異常さがたくさんあったものが、それらを無視できないほど、現実生活が軋み、余裕がなくなっています。 その一方で、「異常さに気づく」という体験をしている人もたくさんいます。 だんだんと目が開かれているのです。 かといって、それは現実ベースの真実に目を開くということであり、スピリチュアルな領域の真実に目を開くというわけではありません。これは逆に、現実を強烈に見てしまうが故に、本質である愛を見えなくさせてしまっているでしょう。 ところで...

Never Enough For Me

タイトルは「グレイテスト・ショーマン」のなかの一つの歌名ですが、 「最高の生き方」でないと満足できないという思いがあります。 しかし、それを裏返すと、現実の自分に対して「できていない」という有罪判決をしてしまいがち。 そうすると、自己を愛することから離れてしまいます。 ただ、「自己を愛する」というのには解釈の仕方が二通りあります。 エゴも現実も含めた自己を愛するのか、 エゴや現実の幻想に惑わされずに真の自己を愛するのか。 どちらの場合も、価値判断していると、エゴを含めた自己だろうが愛することはできないし、幻想に囚われてしまいます。 「あるがまま」とは価値判断しない先...

愛の流動体の啓示

自分を愛することができない。 自分や自分の人生に許せない気持ちがある。 これを放置しておいてはいけません。 そもそも、なぜ愛せないとか、許せないということになるのでしょう? 恐れといえば、それまでですが、ちょっと違う辿り方をしてみて、 とても腑に落ちたので引き寄せの法則ガイドに書き記しておきましょう。   真の自己の姿に近づいてみましょう。イメージしてみて下さい。 あなたは形があって、形がないようなもの。水の流れのような、風のような存在です。 あなたが自分を意識している中心は確実にあり、あなたはそこで、漂いながらあらゆるものと溶け合っているのを感じていま...