ブッダ

    0
    84
    仏陀 釈迦

    ブッダというより釈迦といったほうが美しく感じるのですが、
    最近ブッダの言葉に触れています。

    思ったのは、どうしてこうも「正しさ」にこだわったのかです。
    そこが現代視点のエイブラハムとは異なるところ。

    おそらく、時代として、キリストやブッダの時代は、正しい規範が明確な生きる指針となる
    最も有効な教えだったのでしょう。

    現在は、かなり自由選択・自由創造の時代ですので、
    当時のままの教えを鵜呑みにすると、時代にそぐわなかったりします。

     

    ここで「時代」というのは、
    普遍的でないという意味ではありません。

    もともとこの世界は自由創造の世界なのですが、
    幼児の時小学生の時とでは、教えるべき内容が違うように、
    時代も進化すればマッチするものが変わってくるということです。

     

    一つ改めて気づかされたのは、
    ブッダが、ストーリーテリングを効果的に使っていたということです。
    そういえば、仏教説話ってたくさんありますけど、
    人を導く上で、ストーリーはとても有効ですからね、
    ブッダは優れたストーリーテラーだったんだなぁと思います。

    ぼく自身も、メッセージを効果的に伝えるためには、
    演劇の形がとても魅力的だと思っています。

    すなわち、演劇にはストーリーがあります。

    共通点があります。

    そして実は、ぼくは、「ストーリーテリング」の講座を今度やるんです。

    色々シンクロしているなぁと思います。

    そんで、最近はこんな本を読んでいます。
    「エイト マインドフル・ステップス」
    八正道に関する本なのですが、このグナラタナさんの語り口はとても聞きやすく、素晴らしいですよ。