舞台をご覧下さい

    0
    36

    演劇は生の力で人に影響を与えられます。
    自分で考えて、自分で受け取るものを受け取って帰って行きます。

    そんな風に生の共有できる場で、
    一緒に考え、一緒に感じ合うことができる
    演劇って素晴らしいなと思います。

    ぼくはメッセージを与える上で、演劇の力を使うことが強みであり、
    ぼくなりの役割だと思っています。

    今回の作品「海岸線にみる光」は、
    とても現代的なテーマで、
    誰もが考えさせられる内容なので、
    ぼくもご案内を差し上げていて、
    すごく反響が大きいことに驚いています。

    親と子の確執、生きてきた価値や存在意義、
    癌と緩和ケア、離婚、シングルマザー、
    養育費、子育て、ビジネス、自然、生命。
    いろいろなテーマを包含する作品ですね。

    《作品のあらすじ》
    四国のとある岬にある今は営業されていない「渚の宿」。
    そこには余命宣告を受けた女性大森梢が別荘として暮らしている。
    彼女の依頼を受けてやってきた映像作家の最上颯司は、
    撮影の内容を聞いて驚く。
    それは彼女の心を切り取ってほしいということだった。

    この新作「海岸線にみる光」のために魂を込めました。
    物語の力は本当に強い。
    そして生で演じる力は本当に強い。

    演劇を使える引き寄せの法則マスターとして
    今回の作品を通して、心にぐっときて、ジーンと来て、
    いっぱい考えて、生きる光を見つけてほしいと思います。

    上演スケジュールはこのようになっています。
    11月2日(木)PM7:00
    11月3日(金)PM1:00&6:30
    11月4日(土)PM1:00&6:30
    11月5日(日)PM1:00&6:00
    全7ステージです。

    公式ウェブサイト

    チケットのお申し込みは
    公式サイト

    Home


    Peatix取り扱い
    http://seeshine.peatix.com/

    前売 3000円
    当日 3200円
    ※税込

     

    劇場……SPACE EDGE
    東京都渋谷区渋谷3-26-17 野村ビル1F
    TEL: 03-3409-8723
    FAX: 03-3400-3422