人間が求めるもの

    0
    58
    ゴドーを待ちながら

    サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」という作品を知っているでしょうか。
    ゴドーを待っていて、ゴドーは最後まで現れないという不条理演劇の名作です。

    これをちょっとしたインプロとして、アクティングスクールでやってみたのですが、
    そこで見えてきたのは、演劇や芸術ではなく、人間というものでした。

     

    普段インプロをやるときは、目的設定をしているのですが、
    この作品の場合、ゴドーを待つという目的はありますが、ゴドーは現れないので、
    目的達成は出来ません。
    主要登場人物は、ウラジミールとエストラゴンの二人ですが、二人とも浮浪者という点で同じで、
    特に違いはありません。

     

    普段演技をする上で、必ずある葛藤や対照がないまま演じてみると、
    全然自由に演じていいのですが、なにかしらの目的を見つけようとしたり、
    浮浪者というアイデンティティに固執したり、その場をなんとか成立させようという働きが見えました。

    これらはとても人間的だなと思いました。

    浮浪者というのは、たいした身分ではありません。
    でも、「何者でもない」よりはずっとましだったりします。
    「何者でもない」感じで演じていた役者は、相方が浮浪者らしさを出していたことに
    嫉妬すら感じていました。

    わたしたち人間は、なにかアイデンティティを持っていたいものなのです。

    それから、「何も目的もない状態」つまり「未来を持たない・目指さない」状態で
    いることが難しいということ。なにかしら、過去を参照したり、未来のためになにかをやろうとしますね。
    そうした過去や未来を持ち込まず、「今に在る」ことの難しさも感じました。
    人は、それに慣れていないのです。

     

    2人組で演じましたが、なにかしら相手の役者に頼るそぶり、すがる素振りも見られました。
    通行人が現れたときには、それがゴドーなのか、相手に確かめていました。

    また、ゴドーとは誰なのか、漠然と人だと思っていても、もしかしたら人ですらないかもしれません。
    固定概念を持ってしまうという危うさも見えましたね。

    ゴドーを待つという、なにかしら行為に従事していれば安心するというのもあり、
    結局ゴドーはどうでもよかったりします。
    これも、人はよくあるなぁ~と思いました。なにかしら安心したいと思っていますね。

     

    「ゴドーを待ちながら」をやってみて、様々な「人間というもの」が浮き彫りになりました。
    これまでの演劇とは、まったく違う視点の提示の仕方。

    だからこそ、この作品は有名になったといえます。

    非常に面白いなと思いました。