やや古いのですが、ヒュー・ジャックマンの「プレスティージ」を観ました。
すごいプロットで驚嘆しました。

この作品で最もショッキングなのは「自分で自分を殺す」ということでしょう。
(詳しくは書きません。観てみてください)

この作品での殺し方は、ありえない方法ですが、
思えば、自分も自分を殺してきたなと振り返ります。

というのも、有名になりたいとか、人付き合いを豊かにしたいとか、
願望が強力だったからこそ、「欠落の思考」によって、逆引き寄せを続けてきたのです。
5年……10年……15年……
さすがに強力だった願望の炎も消されていきます。

願望が強かったからこそ、その願望をジワジワと殺してきたのです。

願望が執着になっていると実現せず、逆引き寄せ状態になります。
引き寄せの法則のひの字も知らなかった当時は、為す術もなく、
巨大な運命に弄ばれていたような気分でした。

ある意味、自分の感情や願望を抑圧し、
自分殺し状態になっている人は、すごく多いと思います。

息苦しく、絶望感がのしかかっていることでしょう。

そんな人は少しでも引き寄せの法則を正しく知るべきです。
謙虚な気持ちで、なんでも否定せず、正確にメカニズムを知ってください。
救いの鍵になります。

まずは自分自身を救ってください。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here