NEWSWEEKを読んでいて目についた記事がありました。

この本は、かなり売れているみたいですが、この「医者に殺されない47の心得」の著者近藤誠氏は、癌は放置すべきだといっているようです。治療は転移させたり、体力を奪ったり、逆効果であることも多く、癌検診は医者が儲けるためのものだといっています。
ぼくは、医者を盲信している人が多いと思っていましたが、医者への不信感を持っている人もたくさんいるようですね。
だからこそ、こうした本がベストセラーとなり、近藤医師の元には相談者が殺到しているそうです。

引き寄せの法則的にいうと、医学に頼るという状態は、ヴォルテックスから離れている状態です。
癌なんて診断されてしまうと、もう心の平安は保っていられません。
医者に頼って癌治療をしようが、医者を無視して自然に治そうとしようが、どちらにしても不安を抱いている以上、本来持っている回復力は引き出せません。
ですから、治療型も放置型も、両方確固たる結果が出ないのは当然といえます。

心の問題ですから。

であれば、診断を受けない方が、遥かにヴォルテックスにとどまり、本来の回復力を引き出すことが出来るでしょう。
しかし、ある意味癌になるということは、ソースから離れているので、やはりいついかなるときも、ソースとの調和を心がけ、なるべくヴォルテックスにとどまれるように意識付けを行っていくのがなによりの予防です。

癌は増え続けているそうです。
これも引き寄せの法則の専門家として当然だとしかいえません。
だって、癌・癌、言い過ぎですから。
この前も保険のセールスが、癌の資料を持ってきました。
迷惑なものです。

国民の人たちに、癌という意識を植え付ける大々的なキャンペーンをしているようなものです。
ご大層にどのぐらいの割合で癌になるかなどグラフまで示して、これじゃあ、増加するのもムリはありません。
確かに医者が儲かります。
保険屋さんも儲かります。

そうしたキャンペーンは無視してください。
医者を頼るのはほどほどにしてください。
まずは自分。内なる自分と調和を保ち、サポートとして医学を利用して下さい。

人間の身体は、癌を治す機能を持っています。
その本来の回復力にどれだけ近づけるかが大切です。

[hr top=”no”/]
[tooltip tooltip=”「病気を引き寄せない。健康を引き寄せる。人間が持つ治癒力・回復力を目覚めさせる」” position=”top” link=”http://step-world.net/store_health.html”] 病気に負けず健康を引き寄せる方法は[/tooltip]

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here