究極の引き寄せとは、打ち消しの心であり、エゴを全否定し、
自分と世界を全許容することです。

自分でなんとかしようとすればするほど、神が与えてくれるものを否定し、
引き寄せるものを限定化させます。そして、古びたものや価値のないもの、
苦痛や苦悩をもたらすものを引き寄せます。
それらを脱するために、がんばってがんばって、賢くなろうとして、うまくやろうとします。
そうした努力を続けていっても、いつまでも最上の安心と幸福には辿り着かないのです。
人は束の間の幸せのために闘争し、多くの人は疲れ果てています。

「なにもしない」を実践することは、打ち消しの心のなかでも最も難しいことです。
どうあっても色々なことをしています。
過去を憂い、未来に備え、計画し、努力し、そうした人間的なことから離れていかないと
究極の引き寄せは達成できません。

具体的には、
①計画することをやめる
②努力することをやめる
③解決しようとすることをやめる
④自分との闘いをやめる
⑤特定の結果への期待をやめる
⑥価値判断をやめる

こうしたことが挙げられます。

どれ一つとってみても、困難なことであり、ものによっては、なぜそれをやめるべきなのか
まったく理解すらできないでしょう。理解できないことは実践できません。
理解出来なのであれば、まずはよく知ることです。受け入れの心の段階です。

わたしたちは、自由意志の権利をもっており、好きなように創造することができるため、
大いなる神の贈り物から離れて、そうした贈り物が入ってくるのを邪魔しています。
幸せに抵抗しています。
このことは、なかなか理解できないでしょぅ。
理解できるようになったなら、あなたはかなり順調に進んでいます。

さて、「やめる」ということをしていっても、なにかしたがるものです。
無意識的な習慣になってしまっていますが、本当に多くのことをしたがります。
「なにもしない」という状態の美しさを感じてみましょう。
しばらくの間、それでも、人間的な嫌なことや面倒くさいこと、ドロドロしたことが流れ込んできます。
まぁ、暇つぶしくらいに思っておけば構いません。

「なにもしない」とは、自らなにもしないということであり、
流れ込んできたことに対しては、それらを行動で味わって構いません。
要は、幸せや成功のために、自分の力で計画し、奮闘し、切り開こうと努力する必要はないといっているのです。
与えられるものに感謝しましょう。
徐々に人間的なものが消えていき、完璧さや奇跡が流れ込んでくることに期待しましょう。
どんな結果であっても受け入れましょう。

恐れは、様々な人間的な行為を駆り立て、「やめる」ことを不可能にします。
恐れは闇のヴェールを発生させ、光が入り込まないようにします。

何も恐れず、何もする必要がない、
というのがどれだけ異常なことに感じるか、ぼくもわかっていますが、
悟りの道とはそういうものなのです。

前の記事New Year and New World
Shinji
引き寄せの法則マスター Shinji 長年の引き寄せの法則の研究と広範なスピリチュアルな理解により、セミナーやカウンセリングを行っている。日本引き寄せの法則協会代表理事。エイブラハム、セス、神との対話、奇跡のコースらに詳しい。