舞台「アーサー・サヴィルの罪と加護」2/28~3/2

    0
    11
    舞台

    2/28~3/2。
    ぼくのスタジオでミニ公演が行われます。
    ミニ公演といっても、度肝抜くほど高レベルなものですよ。

    今回、ぼくは脚本・演出です。

    オスカー・ワイルドの「アーサー・サヴィル卿の犯罪」という短編小説から
    インスパイアされて脚本を書き上げました。

    演劇を通して、ぼくはいろいろな精神的な成長を遂げました。

    それは書き切れませんが、本当にスピリチュアルだといえます。

    年末ぐらいから、よく「没頭」という言葉を引用していますが、
    脚本を書く作業は、非常に没頭できます。

    思い切り没頭するつもりで書きました。

    一週間も経たずに書けましたが、
    かなり質の高いものが出来ました。

    それは、観てもらわないとなんとも証明ができません。

    書くときはいつもそうです。

    作家の魂とシンクロして書きます。

    今、ぼくはあまり演技をするということに興味を持っていません。

    それよりも演出家の立場として、
    嘘のない真実の演技へと導くことを役割としています。

    作品のテーマそのものからの学びもあります。

    役者たちももちろん色々と考えて学びます。
    どっぷりと作品と向き合うので、学びも大きいのです。

    この「アーサー・サヴィル」の場合は、
    人の心と魂という、別物でありながら自分のものである
    この二つに振り回され、本当の自分を探そうとする葛藤が描かれています。

    東京近郊にお住まいの方は、
    どうぞ遠慮なく観劇にいらしてください。

    ぼくにも会えますよ。