努力は本当に必要なのか 努力が必要なものとは

0
578

人間たちが創っているものは人間たちの都合で動いています。
神のエネルギーは人間たちの都合で動くことを実現させているので、
そのなかで完璧な調和が働いていますが、人間ルールは人間ルールだといえるでしょう。

例えば、「豊かさは与えられている」という真実のなかには、
人やお金や機会や物質や不足感など、様々なものがふんだんに豊かだといえ、
人それぞれそうした豊かさのなかにいます。

具体的にお金というものに限定すると、
お金はエネルギーが物質化した最もわかりすやく、普及しているものといえますが、
人間世界のルールに影響を受けていて、念じたところで出現するわけではなく、
労働や経営、盗みや詐欺など、様々な人間ルールのルートを通って、経験に入ってきます。

つまり、なにもせず、エネルギーだけで出現するということができなくて
人間ルールに基づく人間の行動によって、お金というものは流れ込んでくるものです。

ぼくは俳優への指導をしています。
技術や経験がなくても、アマチュア劇団などで演技はできてしまいますが、
よりプロとして報酬をもらえるようになるためには、演技力の技術と経験を蓄積しなければいけません。
それは、引き寄せのうまい人だったら、自然と技術が身についてしまって、一流になる
というわけではありません。優れた俳優=引き寄せのうまい人ではありません。

引き寄せがうまかろうがうまくなかろうが、ソースと調和していようがしていまいが、
うまくなるためには、演技というものを知り、訓練を通じて身につけなければいけません。
そしてうまくなったほうが、よりオーディションで勝てたり、高い報酬をもらえるようになります。

引き寄せの法則で投資をしようとしても、やっぱり負けてしまうと思います。
それは相場が人間ルールに基づくものであり、投資はうまい・へたのある、技術だからです。
ですから、投資で裕福になろうと思うなら、引き寄せがうまくなるというより、
投資がうまくなる必要があります。
宇宙の力ばかり頼っていたら、うまくいきません。
ビギナーズラックは誰にでもあるものなので、ある程度運のような引き寄せは作用しますが、
それで大金持ちになったりはしません。なっても宝くじのようなラッキーに過ぎません。

そういう話をしていると、
「やっぱり努力は大事じゃないか」
というかもしれません。

生きる上では、努力は必要なく、豊かさは与えられます。必要なものは与えられます。
しかし、俳優なり投資家なり、特定の人間ルールに基づく物質的な成果を得たいのであれば、
そのルールにのっとった知識・技術・経験がやっぱり必要になります
引き寄せとは、それらへの出会いや、体験の導きということになります。

同じように、語学だって、なにもせず英語が堪能になって
外国人とコミュニケーション取れるようになるわけではありません。
英語について時間をかけて習得しないと、コミュニケーションが取れるようになりません。
そうですよね?

悟りも似ているなと思います。
結局、学んで学んで、知って知って、実践して実践して、
と努力しながら、悟りの状態にうまくなっていくわけですよね。

その道筋の過程で、いつもサポートがあり、神の導きがあります。
悟りに近づくと、人間ルールばかりの世界にあまり積極的に入っていこうとしないでしょうし、
それら以外に素晴らしさがたくさんあるということも知っていきます。

人間ルールの人間世界のなかで、やりたいことがたくさんあるなら、
努力して技術や経験を培うことは避けては通れません。