ブラジルワールドカップ

    0
    53
    ワールドカップ ブラジル

    今回のワールドカップは、中継でもニュースでも、ほとんど見なかったです。
    少しでも、熱気を知ろうと、コロンビア戦を観ようと思ったのですが、寝過ごして、ラスト20分だけ観れました。

    引き寄せの法則を知り、全てが一体だということを知るにつけ、
    こうした国別の戦いに、勝敗の観点であまり興味をもたなくなり、
    それらの勝敗を通して現れる、感動ストーリーや、成長ストーリーや、国民の波動に注目がいくようになりました。

     

    国によっては、ワールドカップが全てのように感じられます。
    日本人においても、こういったシーンでの団結・友情というのはすごいものです。
    普段は、ギリシア人やコロンビア人、コートジボアール人と付き合うことはないでしょう。
    会話すらしたことないし、その国に行ったこともない人がほとんど。
    普段は、日本人と接し、日本人に対していがみあったりしているのに、
    日本を熱いエネルギーで応援し、他国を打ち負かそうと声援を送っている。

    面白いものです。

    一つの方向に向けて、皆がまとまるってなかなかないですもんね。
    ワールドカップはそんな貴重な機会を与えてくれるようです。

    帰属意識や一体感。
    これらが日常的に希薄になるからこそ、ワールドカップやオリンピックでまとまるのかもしれませんね。

     

    結局1分け2敗で、ワールドカップを終えた日本ですが、
    選手たちは、四年間一つの方向に向かってエネルギーを注いで、力を磨いてきたわけですから
    ショックが大きいでしょう。しかし、彼らの姿が、更に四年後の日本の姿の布石になるわけですから、
    大いに学びと成長の財産にして、日本に帰ってきてほしいものですね。

    個人的には、今回ほど、海外でプレーしている選手が揃ったチームはなかったので、
    演劇関係の人たちも、サッカーのように、海外でプレイしている俳優たちが揃って、
    演劇祭などに出られれば面白いなと思いました。