怒濤の感謝

    0
    68
    怒濤の感謝 感謝の乱発

    エイブラハムがいう「怒濤の感謝(Rampage of Appreciation)」という言葉は、その名の通り至る所に感謝の気持ちを覚えることです(翻訳によっては「感謝の乱発」など)。
    ただ、日本人の人は「感謝」を少し偏って捉えています。なんでも「ありがとう」ということが素晴らしいと思っている人がいます。Appreciationは感謝であり高い評価です。

    「素晴らしい」と思うことがAppreciationです。「なにかをしてくれてありがとう」という考えは、潜在的に「自分はなにかが欠けている」「なにかができない」という要素が入りがちになってしまいます。
    わたしたちに足りないものはなく、どんなことも可能にできます。世界は完璧で、あなたのために美と奇跡を散りばめてくれています。従って、あらゆることに対して、素晴らしいという気持ちを乱発することが「Rampage of Appreciation」であり、この状態はソースと調和しています。
    素晴らしいと思うこと、感謝することは強力なポジティブエネルギーです。