Message from アナと雪の女王

    0
    85
    アナと雪の女王

    プロモーションがいつになく気になるディズニーの新公開映画
    「アナと雪の女王」

    youtubeで下の動画を見たら、つい12時間ほど前に、教え子に諭していたメッセージと大いに共通していました。

    まぁ、よくあるテーマ、よくあるメッセージではありますが、とても大切なことです。

    教え子は、見た目はとても明るく、元気で、エネルギッシュです。
    ぼくが専門学校で教えていたときは、ぼくの言葉が全てすんなり入ってきて、とてもポジティブでした。
    それから3~4年後。
    彼女は大好きな芝居をやめて、働いていました。

    彼女は、なんでも人と比べてしまい、誰もが彼女のことをスゴイと思っているのに、
    彼女自身はそうは思えず、他人に嫉妬ばかりしていました。
    元々そういう性格で、ぼくが教えていた頃はそうしたものがなくなっていたのですが、
    社会に出て、現実世界の中で、また比較の虜になってしまっていました。
    親のいうことも、すごく気にしていました。

    ぼくは、「周りの人のいうことなんて気にしなくていいよ。英語で言うと、I don’t care.”どうでもいい”だよ」
    といいました。
    (上の動画でも「I don’t care.」と歌っていました!)

     

    彼女はとてもディズニーが好きで、年間パスポートを持っているくらいです。
    ディズニー好きだから裏のことはよく知っているけれど、そんなものは考えず、
    そこは魔法の世界だと信じて、楽しんでいるといいます。

    その話を聞いたときに、ぼくはそこに大きなメッセージがあることをすぐに察しました。
    「それを現実の世界でもやればいいんだよ」

    社会に出れば色々な事を知る。芝居のことも、声優のことも、理想とは違うことを知る。
    それによって、多くの子たちは、辞めてしまっています。
    必要なのは、それらを知った上で、そんなものの悪影響を受けず、好きなことをして、楽しんでしまうことなのです。

    ぼくは、悟りの過程で、この世界が魔法の世界であり、奇跡の世界だと知りました。
    実際、ディズニーランドに行かなくても、現実世界は魔法と奇跡に溢れているのです。

    「彼女は、何度も何度もディズニーに行って、ミニーのポーチとか、ランドのハンカチとかたくさん持ってるのに、
    なんで気づかなかったんだろう」
    といって、涙を流しました。

    ディズニーランドに行って楽しむのと同じように、人生を楽しめれば、それは最高の人生です。

    色々なところにメッセージはあるものです。
    それらに気づいていないけれど、何度も何度もメッセージは発せられているのです。

    彼女は自分の気持ちを抑え込んできましたが、芝居が心から好きで好きでしょうがなく、
    それを諦める必要はないことを悟りました。
    他人に納得させる必要もなく、必要なのは自分の選択だけだということを悟りました。

     

    上の動画を歌詞に注目しながら、是非聞いてください。
    実質、これは神のメッセージがたくさん詰まっています。