引き寄せの法則マスター Shinjiのホームページ
bclose
  • エスターとジェリー

エイブラハムはインナーチャイルドをどう捉えているのか

過去ではなく、今にパワーがある

引き寄せ.bizに投稿するような内容ですけど、
新記事投稿したばかりなので、こちらに書きます。

インナーチャイルド(Inner Child)

日本では結構聞きます。
海外でも流行っているんですかね、エイブラハムに質問している人がいました。

エイブラハムは、

わたしたちは、過去に焦点を当てることを薦めません。
過去に焦点を当て、出てきたマイナスな感情は、引き寄せの法則によって更に増幅されるからです。
ですからインナーチャイルドワークとは異なることを薦めます。
パワーがあるのは「今」です。
今、どう感じるかが大切です。

 

 

 

 

 

 

と、ある意味インナーチャイルドワークを否定しています

これは、ぼくも賛成ですね。
問題を解決したいと思っている人にとって、またどうしようもならない閉塞感を感じている人にとって、
インナーチャイルドというのは、責任を押しつけるには格好の好材料です。
だから、ネガティブな領域に常駐してきた人には、このワークはかなりすっきりするのではないでしょうか。

ですが、そもそも、今現在に変える力がるあるのに、
どうにもできない、引きずっている自分の原因を過去に転嫁させている時点で、
波動はかなり低く、パワーをなくしているといえます。

自分でパワーを回復できるのに、インナーチャイルドを持ち出すと、
ワークを受けないと、過去から脱せないと勘違いしてしまう、
そんな困ったケースも起こるのではないでしょうか。

過去にパワーはありません。
その人が過去を現在に持ち込んでいるに過ぎません。

インナーチャイルドのセッションを終えて、すっきりしたとして、
その後もう閉塞感や無力感をインナーチャイルドのせいにできなくなったら、
今度は一体なんのせいにするのでしょうか?
まだインナーチャイルドが泣いていると、過去のせいにするでしょうか?

自分の足で立って歩くことを覚えないと、いつまでもなにかに責任転嫁させることになります。

今の自分自身にパワーがあること、
今の自分自身にしかパワーがないことを知ってください。

 

Check! This Recommend Page

NAME : Shinji

No Comments

Post a Comment