舞台の準備真っ最中です

    0
    85

    ぼくが学んできた「没頭」ということ。
    「どんなときでも楽しみを見いだせる」ということ。

    こうしたことをシンプルに実現することで、
    ぼくが書く戯曲の質も更に向上したように思います。

    世界でも闘える素晴らしい作品が書けました。
    それが「Leaves」という、今度上演する舞台です。

    ぼくは、演劇を通してメッセージを伝えていきます。
    観客は舞台から様々に受け取り、自分だけの答えを見つけます。

    演劇の持つ力は素晴らしいものです。

    芸術家として、質を高めることを怠ってはいけません。

    今、ぼくはこの「Leaves」の舞台の準備で慌ただしい日々を送っています。

    ちょうど、ビジネスの面でも色々進展があって
    なかなか時間にゆとりはありませんが、
    楽しくやっています。

    舞台のチラシ表

    舞台のチラシ裏

    この「Leaves」という作品は、
    主人公”私”の心の追憶の物語です。

    愛を得られず、
    自由を得られず、
    だけど、懸命にそれらを欲して生きた
    ある少女の物語を、
    少女の記憶で編み上げました。

    誰の心にも響くものがあることでしょう。

    このブログをご覧の皆さんも、是非生の目で観てください。

    ぼくの波動が、一つの作品に集約されています。

    すかそあホームページ