火の鳥と意識の拡張

    0
    88
    火の鳥

    手塚治虫の火の鳥を読んでいます。
    これまで、あまり手塚作品を読むことがありませんでした。
    「火の鳥」を読んでいると、その世界観のすごさに圧倒されます。
    この人はここまで目覚めていたのだな、とわかります。
    マンガを通してメッセージを与えてきたマスターだったのですね。

    演劇を通してメッセージを与えていくヒントにもなります。
    このような世界観の作品を、ぼくも書けたらいいなと思いました。

    ところで、ラムサの本と出会ったときから、意識の拡張が急速に進みました。
    これまでの固定概念が崩され、もっと大きな視野になっていったわけです。
    「火の鳥」も、意識の拡張を手助けしてくれる、素晴らしい本です。

    この意識の急速な拡張とともに、ぼくの身体に表れたのは、
    副鼻腔炎とヘルペスでした。
    非常に多忙な一ヶ月であり、新しいことがいくつも始動する一ヶ月だったのですが、
    充分な休息もあり、精神的な焦りや不安はないにもかかわらず、
    身体に影響が出たのは、まさしくエゴの叫びだと思います。

    身体自体はニュートラルですが、意識には古い部分や過去に学習した部分がたくさん占めています。
    それらを揺るがす出来事を受けて、一時的にバランスが崩れたのでしょう。

    特にラムサの場合は、身体に関して、根底から揺るがす智慧を受けたので、
    反発した反応が身体を通して見られました。

    しかし、もっともっと意識を拡張していきたいと思います。