心を震わす舞台を

    0
    87
    舞台のお知らせです

    生のエネルギー、高周波の波動で、直接人に影響を与えられる
    優れた手段として「演劇」があると思います。

    映画やDVDとは違う。
    生の体験。

    これからの時代は、ネット依存であるが故に、
    このような体験がもっともっと必要となるでしょう。

     

    さて、10月12日と13日にうちのスタジオで舞台公演を行います。
    どうぞ、観に来て下さい。

     

    テネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」よりも前に書かれた、壊れそうなほど繊細な自伝的短編小説「ガラスの少女像」
    SKY SOART Ψ WINGSの小さな翼「スカソア」で初の舞台化

    1930年代。灰煙のセントルイスの片隅。彼女の心には……手つかずの森があった。

    原作:テネシー・ウィリアムズ「ガラスの少女像」
    参考:ジーン・ストラトン・ポーター「そばかすの少年」
    脚本・演出:別役慎司
    出演:トム……秋江智文
    ローラ……水地優子
    アマンダ……此田美加
    ジム……NOY

    ◆日時
    10月12(日)PM6:00&8:00
    10月13(月・祝)PM1:00&4:00&7:00

    <上演時間:約40分>

    ◆場所
    STUDIO FEATHER -B- 特設ステージ
    東京都文京区後楽2-23-12
    飯田橋駅・後楽園駅徒歩8分程度

    ◆チケット
    前売当日共 1,500円(税込)

    各回限定30席

    ☆公式WEBサイト
    ☆Facebook
    ☆Twitter
    ☆YouTube
    これを機会に舞台のファンになってほしいと思います。

    引き寄せの法則もそうですけど、「体験」を求めることは本当に大切ですね。