引き寄せの法則マスター Shinjiのホームページ
bclose

自己啓発ジプシーは何を探しているのか

たまに自己啓発系の人と交流会等で知り合い、
出されている著書のページをアマゾンで見たりします。

そうすると必ずといっていいほど、
「どこにでも書いてある」
「内容が薄い」
「目新しいものがない」
という低評価を目にします。

それは事実そうなのでしょうが、たくさんの自己啓発・スピリチュアル本
を読んできて、そういう感想が多い人は要注意です。

一体、なにを求めているのでしょうか?
なにを探しているのでしょうか?

なぜ、目新しい情報を探ろうとするのでしょうか?

これらの本の内容が似通ってしまうのは、
やはり成功法則・人生哲学には共通項がたくさんあるからです。
もう、そこに答えはたくさんあるわけです。

目新しい情報を探して、ジプシーのようにさまようということは、
何度読んでも、答えをちゃんと受け取っていないということではないでしょうか?
であれば、他を探しても、どうにもなりません。

それよりも自身の体験から学んだ方が良いでしょう。

確かに、著者が儲かるだけの内容が薄い本はたくさんあります。
(本も売れやすくするために、わざとわかりやすく、平易にしているのです)
それは事実であり、欺瞞に満ちた本に憤りを感じるのもわかります。

先日お会いしたT氏のブログを見てみると、
本田健、浅見帆帆子、和田裕美さんと繋がっていることがわかりました。
ベストセラー作家たちです。
そういう系の惹きつける本を出して、成功した人たちであり、
こうしたネットワークを本の売り上げに存分に活かしています。
(人のネットワークなしに、内容だけで売れる本は極めて稀では?)

彼らは、とてもうまい戦略で本を売り、ブランディングをし、彼らの提唱する成功
を体現しているわけですが、読者の一人ひとりはまた状況が異なります。
自分のために、本を読んでいるのです。自分が価値を得るために。

うまい戦略にはまって、「買っちゃった」と後悔するのはしょうがないとして、
では、自分のためになる学びをどこで得るかです。

もしかしたら、本を読みすぎて、知識ばかりの人間になってしまっているかもしれません。
もしかしたら、本を読みすぎて、自分で考えることが出来なくなっているかもしれません。
もしかしたら、本を読みすぎて、自分で体験することがおろそかになっているかもしれません。

他人のことより、自分に目を向けていきましょう。

No Comments

Comments are closed.

引き寄せの法則ブログ
記事が気に入ったらランキングボタンを押して下さい