引き寄せの法則マスター Shinjiのホームページ
bclose

桜は花が長く咲こうが早く散ろうが気にしない

桜が咲く度にその生命力に驚かされます。
隅から隅まで、エネルギーが届き、これだけの無数の花を咲かせるって信じられないほどです。
このようにわたしたちの肉体も隅から隅まで、エネルギーが行き交っていることを忘れてはなりません。

桜は一年間貯めたエネルギーを使って、花を咲かせます。
そして、惜しむこともなく、花を散らせ、緑の葉を出して夏に備えます。
まったく執着がありません。

雨や風によって、すぐに散ってしまう年もあります。
いい天気に恵まれて、長く咲かせる年もあります。
しかし、桜は、早く散ろうが、長く咲こうが、一向に気にしません。

「せっかくの花を散らせやがって、このバカヤロー」とはいいません。
誰のせいにもしないし、残しておこうとも思わないし、鮮やかに潔く散らせます。

人は、長く残るものに価値を置きますが、自然界にはその価値観はありません。
実際には全て変化していて、全て異なっています。

人はまた、他の人が達成困難なこと、人と違うことを称賛するものです。
桜の木の無数の花の中に、もし黄色い花や青い花があったらどうでしょう?
人間界であれば、人と違うと称賛されます。この人は天才だ、この人は特別だ、となるでしょう。

しかし、桜の木からすれば、もしそんな花があってもどうでもいいこと。
その花だけが優れているわけでもないし、特別なわけではありません。

人間は価値観の生き物であり、その価値観は社会がほとんどを築いています。
自然界を見れば、人間の価値観との違いを感じます。
人間界の価値観を正しいと思う必要はありませんし、その価値観で幸せを定義しなくても構いません。

人間界であれば、長く残り、周りと違うことが素晴らしいとされますが、
自然界であれば、どうでもよく、そもそも永遠のサイクルのなか、無限の多様性が存在しているだけです。

No Comments

Comments are closed.

引き寄せの法則ブログ
記事が気に入ったらランキングボタンを押して下さい