引き寄せの法則マスター Shinjiのホームページ
bclose

大災害直後の自粛について

熊本大地震で大変な被災地に配慮して、
バラエティー番組は自粛すべきかというので、
ホリエモンや尾木ママの話がニュースで取り上げられ、
明石家さんまは、「ホンマに落ち込んでる人に笑いは必要か?」
という疑問とともに落ち込んでいる人を笑わせたいという
気持ちがありながら、実際には批判されることも想定され、
どうすればいいのかなぁといっています。

これについて少しお話ししますと。

笑いはプラスになりますよ。もちろんね。
しかし、彼らのフォーカスはどこに向いているでしょう。
強力に現実の恐怖や不安に向いています。
心の状態は、ソースと離れた、感情のガイダンススケールの最下部になっているわけです。

その状態で、平和的なバラエティー番組やお笑いは、
フォーカスにギャップがあるため、一部の人は強い抵抗感を感じるでしょう。
少しでも、前向きな未来への気持ちがあり、現実への強すぎる恐怖が緩和していれば、
こうした番組は、はやく感情のガイダンススケールを上昇させる手助けになります。

 

立ち直り方、ポジティブな物事へのフォーカスの向き方については
人それぞれホントに違うので、落ち込んでいる人が選択してほしいですね。
そして、誰も感情を逆なでするつもりでバラエティー番組など放映しないので、
そういう他者の思いを感じて、早く恐怖や不安から抜け出し、
心のバランスを整えてほしいと思います。

全国的に自粛ムードにすると、
それはそれで、日本国中の集合意識がマイナスに向かいます。
ほとんどの人は、自分たちの感情がどれだけ関わっているかわかっていませんが、
日本国中の人々がネガティブになれば、その引き寄せ力はとても強いものです。

出来れば、日本国中の人々がもっと明るくなってほしいところです。
その方が、回復も早いし、更なる災害を引き寄せずに済みます。

ただし、無理に明るく振る舞っても、感情を抑圧させるだけ。
出てきてしまった不安や恐怖や心配や絶望は、無理に押さえ込まず、
放出させるべきです。

バラエティー番組やお笑い、スポーツでのがんばりは、
引き寄せの作用点を変えさせる力を持っているので、
抵抗感を感じる人は、まずはマイナスの感情を放出させ、
気持ちが軽くなる人は、TVやスポーツなどから元気を得てほしいと思います。

 

No Comments

Comments are closed.

引き寄せの法則ブログ
記事が気に入ったらランキングボタンを押して下さい